アップデート情報

GENETYX-MAC Ver.19

アップデート履歴

■ ATSQ Ver.5.4.2 (2018.11.01)

  • フラグメント配列のマッチングを行うと波形のピークと塩基の対応にズレが生じる場合がある問題を修正しました。

■ Ver.19.0.2 (2018.06.20)

  • CONTIG と ORIGIN が共存する GenBank 形式の配列に対応しました。
  • アミノ酸逆翻訳がヌクレオチド略語に対応しました。
  • NCBI blast の新しいパラメータを追加しました。
  • NCBI blast API のアクセス間隔を NCBI の新しいガイドラインに従うように変更しました。
  • Preference の Result Display で Seq.Column Number が 100 以上に設定されていると Global Homology が終了する不具合を修正しました。

■ Ver.19.0.1 (2017.01.31)

  • NCBI Blast の結果からアミノ酸の配列を取得しようとするとエラーが発生する問題に対応しました。

■ ATSQ Ver.5.4.1 (2016.12.09)

※本バージョンは GENETYX-MAC ネットワーク版 Ver.19 および GENETYX-SV/RC Ver.19 (Macintosh版) の初期出荷版に含まれます。

  • ドキュメントをファイルに保存できなくなることがある問題を修正しました。

■ GenomeMapping Ver.3.0.1 (2016.12.09)

※本バージョンは GENETYX-MAC ネットワーク版 Ver.19 および GENETYX-SV/RC Ver.19 (Macintosh版) の初期出荷版に含まれます。

  • Per Base Sequence(N) Content 分析において、縦軸の最大値が 100% 固定であったものを、グラフのピーク値に合わせて変化するように修正しました。
  • K-mer Content 分析においてグラフが横軸に対して正確な位置に描かれない問題を修正しました。
  • Trim by Adapter 処理において、相補鎖検索の問題および「Allow mismatch」の許容%数値指定が常に適用されてしまう問題を修正しました。

■ Ver.19.0.0 (2016.10.03)

  • 初期出荷。

アップデート方法 (GENETYX-MAC Ver.19)

  1. アップデート履歴ページ内の"アップデート"ボタンをクリックし、情報を正確に入力して下さい。
  2. お客様の情報を送信した後に"アップデートファイルのダウンロードページへ"ボタンをクリックし、ダウンロードページからファイルをダウンロードして下さい。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして展開します。
  4. 展開されたファイルの「アップデートの方法.rtfd」の内容にしたがってアップデートを行います。
お問い合わせはこちらへお願いいたします。
▲ このページのトップへ