アップデート情報

GENETYX-SV/RC Macintosh版 Ver.21

アップデート履歴

■ Ver.21.1.0 (2021.04.01)

※年間保守のサポート期間中のお客様向け最新版。

  • GENETYX-MAC の Apple Silicon ネイティブ対応を行いました。付属プログラムおよび外部プログラムの対応状況は以下の通りです。
Apple Silicon ネイティブ対応済み Rosetta 2 で動作
  • Muscle
  • PHYLIP
  • MUMmer
  • PlasDraw / GENETYX-Tree / HarrPlot
  • ClustalW2
  • MAFFT
  • RAxML
  • Primer3 Ver.1.1.4
  • Primer3 Ver.2.4.0
  • BLAST+
GENETYX-NGS/MAC Ver. 4.3.2
  • Apple Silicon ネイティブ対応を行いました (付属プログラムは Rosetta 2 で動作)。
ATGC-MAC Ver.7.2.2
  • Apple Silicon ネイティブ対応を行いました。

■ Ver.21.0.2 (2021.02.26)

  • 仕様変更 (.seq/.nuc/.ptn 等と .prj を使い分けたいとのご要望により仕様変更を行いました。)
    • .seq ファイルは配列に色付けされている場合のみ、.prj に変換されます。
    • .seq ファイルは Save As... 時に、.seq / .prj どちらで保存するか選択できます。
    • .seq を編集時に、配列の色付け、下線、Note の追加を行う場合は、.prj への変換確認ダイアログが表示されます。"Convert" を選択した場合、拡張子が .prj に変更されます。
    • .prj を .seq にしたい場合は、File → Export... を使用してください。下線・Note は保存されません。配列の文字への色付けは保存されますが、色が再現されない可能性があります。
    • File → New Sequence で新規作成された配列は .seq になります。
  • GENETYX-MACの関連付けに .ab1 を追加しました。
  • Local BLAST で number of threads を指定できるようにしました。
  • Parallel Editor で .prj ファイルを読み込んだ際、配列名としてファイル名を表示するように変更しました。
  • Homology 結果ウィンドウの分割を Window の高さの半分程度の位置に変更しました。
  • File → Export... で任意の拡張子を指定できるように変更しました。デフォルトは .seq です。
  • Preference の Column Number 設定が反映さない問題を修正しました。
  • MUMmer 検索で Division を指定した際、検索結果から配列を取得できない問題を修正しました。

■ Ver.21.0.1 (2020.12.01)

  • 初期出荷。

アップデート方法 (GENETYX-SV/RC Macintosh版 Ver.21)

  1. アップデート履歴ページ内の"アップデート"ボタンをクリックし、情報を正確に入力して下さい。
  2. お客様の情報を送信した後に"ダウンロード"ボタンをクリックし、ファイルをダウンロードして下さい。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして開きます。
  4. 「アップデートの方法と内容.rtf」の内容にしたがってアップデートを行います。
お問い合わせはこちらへお願いいたします。
▲ このページのトップへ