コンテンツにスキップ

制限酵素認識部位を解析する (v21/v20)

  1. [File]→[Open...]で解析対象となる配列を読み込みます

    img01.png

  2. [Nucleotide]→[Analyze Restriction Enzyme...]を選択します

    img02.png

  3. 制限酵素ファイルを開きます

    まだ制限酵素ファイルを読み込んでいない場合は、[Open...]ボタンで制限酵素ファイルを開きます。

    img03.png

  4. 制限酵素ファイルを選択します

    「GENETYX-MAC Ver.18」フォルダ内の「RESFILE Folder」から制限酵素ファイルを選択します。

    img03-1.png

  5. 制限酵素を選択します

    img04.png

  6. [Restriction Site]ボタンをクリックすると認識部位のリストがテキストで表示されます

    img05.png

  7. 認識部位のリストがテキストで表示されます

    img06.png

  8. [Restriction Map]ボタンをクリックすると次のダイアログが現れます

    img07.png

  9. 表示する項目をチェックして[OK]ボタンをクリックします

    img08.png

  10. 切断地図がテキストで表示されます

    img09.png

  11. 切断地図がグラフィックで表示されます

    img10.png

  12. [Restriction Fragment]ボタンをクリックすると制限酵素による断片リストが表示されます

    img11.png

  13. [OK]ボタンをクリックすると選択された断片リストがテキストで表示されます

    img12.png

  14. 断片リストがテキストで表示されます

    img13.png

  15. [Sequence]ボタンをクリックすると選択された各断片ごとに配列エディタを開きます

    img14.png

  16. 各断片が配列エディタで表示されます

    img15.png